youtube動画再生SEO
youtubeで再生回数を集める為の動画まとめサイト

「ツナガリ① YouTubeチャンネルの活用のしかた!

「YouTube で大切なものは動画ではありません」というとびっくりされるかもしれませんが、YouTube で大切なものは動画ではなく、YouTube チャンネルなのです。YouTube チャンネルは動画をまとめる場所としての機能だけでなく、YouTube 活用のための中心的役割を担うのです。ここではYouTube チャンネルの役割について考えてみましょう。

《ビジネス》
「YouTube チャンネル」というブラットフォームを持つことで、企業として動画マーケティングに軸を持った運用ができます。
《YouTuber》
自分の強みに特化した「YouTube チャンネル」を持つことで、自分の強みをアピールするプラットトフォームができ、固定視聴者であるファンづくりができます。YouTuber として必須の項目です。

【YouTubeチャンネルがブランディングのキーになる】
YouTubeには「YouTubeチャンネル」という機能があります。簡単にいうと、あなたのアップした動画やお気に入りの動画などをまとめてくれているページです
このチャンネルは個人アカウントでの運営がデフォルトですが、ブランドアカウント YouTubeチャンネルとして「私の子猫チャンネル」など、テーマに沿ったタイトル設定での運営もできます。
個人使用であればデフォルトの個人YouTubeチャンネルでいいのですが、ビジネスユースであれ YouTuber であれ、YouTubeを活用していこうということであれば、理由は後述しますが、2つ目以降のブランドアカウントでのYouTubeチャンネルで運営していくことが基本になります。
YouTubeに動画は一生懸命アップしているのに、残念ながらYouTubeチャンネルはいい加減というものもかなりたくさんあります。世界を舞台に活躍するメーカーでも、海外拠点のYouTubeチャンネルはしっかり設定されているのに、本国である日本のYouTubeチャンネルはお粗末なもの、なんてこともあります。
キュレーションという情報集約サイトがWeb上に溢れるさまざまな情報をまとめることで人気を集めているように、動画についても「まとめ(集約)サイト」としての機能として大切だということは間違いありません。またYouTubeチャンネルは自分の動画をアピールし、Web上で視聴の回流をつくるためのプラットフォームとしても大切な役割を担うので、しっかり設定してYouTubeブランディングの中心として運用していく必要があります。


【YouTubeチャンネル = 動画情報の集積所と考える】
YouTubeチャンネルの大切な役割は、「自分の動画情報の集約機能」です。YouTubeではものすごい数の動画が視聴されているわけですから、その中から自分のアップした動画を探し出してもらうのは大変なことです。そこで必要になってくるのが「まとめサイト」なのです。
YouTubeチャンネルは、まさに YouTube内のまとめサイトです。
チャンネルをしっかりつくっておくと、視聴者があなたの動画を数珠つなぎにどんどん見ていくことが可能になります。せっかくアップした動画をYouTubeというくくりで何百万本のうちの1本として見られるか、「あなたの動画集」というくくりで見られるかで、動画の再生回数も大きく変わってきます。いわばYouTubeチャンネルは自分のホームページです。玄関口としてしっかり運営していくことが大切です。

【情報をしっかり盛り込む】
YouTubeチャンネルを設定したあとは、しっかりと情報を登録することです。
YouTubeチャンネルでは「チャンネルの概要」や「ビジネス関係のお問いあわせ先」など、登録しておいたほうがいいと思われる情報が必須入力になっていない
ため、ついついそのままにしてしまいます。
しかし視聴者からすると、動画をアップした人がどのような想いで投稿しているのか、そもそも投稿者は誰?なんていう情報も知りたかったりします。そのためにもしっかり項目を埋めておくことが大切です。
さらに「ビジネスユースだと自社ホームページへの誘導」が、「個人のYouTuberであれば自分のブログなどに誘導」できたりと、SEOやWeb上の導線として活用できるので、特に問いあわせ先やURLリンクはしっかりと入力しておくようにしましょう。ビジネスチャンスにつながる可能性がふくらみます。

【常にチャンネルを活性化させておく方法】
チャンネルをつくったあとは、ページをたくさん見てもらえるかが重要です。
では、チャンネルを活性化させるために何をすればいいのでしょう。まず大切なことはコンテンツを増やしていくこと。動画の数が少なかったり、ずっと新しい動画がアップされないと退屈なチャンネルになってしまいます。コンスタントに動画をアップして、常に変化がある YouTubeチャンネルにすることが、見てもらうためのチャンネルとして最も大切なことです。
次にコンテンツの内容です。視聴数の多い動画をつくりたいですが、すべての動画で視聴数を増やす必要はなく、1つでも視聴数の多い動画があれば、そこからチャンネルに誘導されます。視聴数の多い動画は「クオリティの高いもの」「ニュース的な即時性の高いもの」そして「ハウツーもの」です。チャンネルのブランド化の中で動画の方向性を整理することは大切ですが、即時性の高いものや視聴者の役に立つ動画などをアップすることをお勧めしているのはこのためです。
どんなにいい動画も気づいてもらえないと見てもらえません。まずはYouTubeチャンネルの概要や問いあわせ先などの入力情報をしっかり入力したうえで活性化させることを意識してみましょう。

【複数の動画を絡めて選択の幅を広げられるチャンネルにする】
自分の動画をまとめてくれているチャンネルだからできることに、動画での複数提案があります。たとえば、自社商品のPR動画で購買を促したいときに、1つの製品だけの動画情報を見せるのではなく、グレードの違う3種類の製品の動画を見せることができるようになります。
商売ではよく松竹梅理論といって、グレードの違う3種類の製品を見せて真ん中の竹の商品を買わせる販売手法がとられます。人は押しつけられると拒否しょうとしますが、選択となると、どれかを選ぼうとする習性を持っています。この方法が動画でできるといいわけです。
チャンネルにグレードの違う3つの製品の動画をアップしたり、「再生リスト」という機能で3つの製品の動画を連続で見られるようにすることで、この選択してもらうための情報の提案が動画でできるようになります。「動画を単体で考えるのではなく、複数の動画を絡めて見せ方を考える」、これがYouTubeチャンネルを上手に使うテクニックです。

【YouTubeチャンネル登録でツナガリの回流をつくる】
ここで、YouTubeを活用するうえでのYouTubeチャンネルの役割について
お話しします。
YouTubeチャンネルの最も大きな役割は、視聴者と動画をつなぐHub(接点)となることです。YouTubeにおける動画プロモーションを3つのステージに分けて考えるとわかりやすくなります。1つ目コンテンツである動画をつくる「Production Stage」2つ目動画を検索してもらったり広告をかけたりする「Promotion Stage」3つ目視聴者と接する「Marketing Stage」です。
プロモーション動画のDVDをつくって配るときは、Production Stageから直接視聴者のいるMarketing Stageにつながっているので、Promotion
Stageに広がりがなく、個別営業的要素の強いマーケティングになります。YouTube に動画をアップしていても、YouTubeチャンネル運営を行わず動画をホームページに組み込んでいるだけの場合も同じ状況といえます。
これにインターネットの拡散性を組み込むために必要なのがPromotionStageであり、YouTubeでは YouTubeチャンネルがその役割を担うこととなります。
具体的には、YouTubeにアップされた動画はYouTubeチャンネルに蓄積され、あなたのコンテンツが自動的にアーカイブされます。そのため、ある1つの動画に興味を持った視聴者をYouTubeチャンネルに誘導することで、ほかの動画に気づいてもらうことができます。もともと自分の動画を見てくれている視聴者なので、属性や相性がいいことも利点です。これによりあなたを知ってもらいファンになってもらえます。
YouTubeにはものすごい数の動画がアップされているので、あとでこの動画やYouTubeチャンネルにある動画が見たいと思ったら「チャンネル登録」というブックマークをしてくれます。この「チャンネル登録」こそ回流をつくる重要なポイントなのです。
「チャンネル登録」をしてもらうと、その登録をした YouTubeチャンネルに動画がアップされるごとにYouTubeから視聴者にメールで新しい動画がアップされた通知が届きます。またスマホだと、待受画面にポップアップで動画がアップされた旨のメッセージが表示され、新着動画を知ってもらえます。たとえ動画を見ることがなくても、YouTubeチャンネル名や動画のサムネイルを見ることになるので、記憶に残り認知が高まります。

この視聴者の記憶に残り、記憶を巡らせるYouTubeチャンネルのしくみは、ぜひ使ってほしいYouTube活用法です。特にリフォームやコンサルティングなど、毎日依頼するわけではなく、ある必要な事象が発生したら依頼する仕事などの場合は、その事象が発生したときに、社名やサービス名を真っ先に思い出してもらうことが大切になります。この記憶をつなぎとめておき、思い出しやすい状況をつくって、視聴者をファン化リピート化していくのに、YouTubeからのメールやメッセージは大変大きな効果を発揮するのです。

>twitterやインスタで宣伝してもらう方法

twitterやインスタで宣伝してもらう方法

動画の再生回数やチャンネル登録を増やす必須!

CTR IMG