youtube動画再生SEO
youtubeで再生回数を集める為の動画まとめサイト

【ユーザーがYouTubeチャンネルに求めるもの】

●動画とチャンネルではユーザーが起こせるアクションの選択肢が異なる。
●チャンネルの評価は公開されている動画全体から受ける。
●ユーザーはチャンネルに特定のニーズの充足を求める。

【動画に対する反応とチャンネルに対する反応の違い】
動画に対するユーザーの反応は非常にシンプルで、興味があれば視聴を続け、無ければ離脱します。動画を気に入れば「高評価」のボタンを押し、無関心であれば何もアクションを起こしません。動画に対して意見がある場合にコメントをすることもあれば、誰かに共有したいと思えばSNSで共有することもあります。このように、動画に対するユーザーの反応は目に見えて返ってきます。
一方、チャンネルに対するユーザーの反応は動画と比較して見えづらい部分があります。ユーザーはチャンネル内の動画を1本視聴したからといって、他の動画を視聴するとは限りません。今あるニーズだけを満たすために動画を視聴し、それが満たされれば他の動画を視聴する理由がなくなるからです。しかしチャンネルに対する興味を持つ場合というのもあります。チャンネル登録者を獲得しているチャンネルがあるように、ユーザーは何かがきっかけとなってチャンネル登録を行うのです。

【ユーザーはチャンネルに対して「特定の何か」を求めている】
ではユーザーはどのようなきっかけでチャンネル登録を行うのでしょうか。それはユーザーの求める「特定の何か」を満たしてくれるかどうかによって判断される傾向にあります。ユーザーが継続的に視聴したいと感じる要素がチャンネル内に存在すれば、彼らは次に公開される動画も視聴したいと考え、チャンネル登録を行います。
たとえば趣味と関連するものは継続的に視聴したいと考えられます。ユーザーが持っている趣味や興味について取り扱うチャンネルは、ユーザーとの共通点が存在するため、動画を視聴することでユーザーにとっても有益となる可能性があります。感味の知識に関する動画や、自分では行わないけど見てみたいといった動画は、ユーザーのニーズを満たしていると考えられます。こうした動画が複数公開されていることで、彼らが定期的に視聴したいと考える可能性は高まります。

>twitterやインスタで宣伝してもらう方法

twitterやインスタで宣伝してもらう方法

動画の再生回数やチャンネル登録を増やす必須!

CTR IMG