youtube動画再生SEO
youtubeで再生回数を集める為の動画まとめサイト

【チャンネル設計】

●チャンネル設計とはテーマを細分化すること。
●ユーザーの関心度と動画の専門性を合わせる。
●販売目的のみの動画では視聴回数が伸びにくくなる。

【テーマに基づいたチャンネル設計】
チャンネル内で取り扱うテーマが決まると、制作すべき動画がより具体的になります。企業の場合は事業の規模にもよりますが、おおむね主たる事業内容とそこから派生する事業がテーマとなるでしょう。チャンネル設計とは、その決まったテーマをさらに細分化することを意味します。具体的には、ユーザーの関心度に合わせてどのような方向性の動画を制作するかを決めていくプロセスとなります。
企業がYouTube上でプロモーションする上で多いケースが、テーマに関する専門知識や情報をユーザーに伝える動画を制作することです。これは単に専門知識を解説するのではなく、ユーザーと商品やサービスの接点となる事柄を解説項目として、専門知識を伝えるということです。そしてそれらの専門知識の度合いを、ユーザーの関心度の高さと比例させることで、彼らの興味を徐々にチャンネル全体で取り扱っているテーマへ引き込んでいきます。

【企業は認知から販売へつなげることが目的】
YouTube上に大量の動画を公開したとしても、それらの動画が商品やサービスの認知度を高め、結果として購買行動へ結びつかないのであれば、何のために動画を作ったのかわかりません。販売目的にテーマを絞り、商品の使い方やサービスの使い方を説明する動画を公開したとしても、それらの動画に興味を持つユーザーは、すでに商品を認知しており、購入の直前である場合も多くあると考えられます。
購入を検討しているユーザーに対して、商品やサービスなどの使い方を説明する動画は決して悪いものではありません。ただし、その動画を視聴しようと思うユーザーの幅は、非常に狭まってしまうことは事実です。そのために、使い方動画を公開している多くの企業が、チャンネルや動画の視聴回数に伸び悩んでいるのです。

>twitterやインスタで宣伝してもらう方法

twitterやインスタで宣伝してもらう方法

動画の再生回数やチャンネル登録を増やす必須!

CTR IMG