youtube動画再生SEO
youtubeで再生回数を集める為の動画まとめサイト

【チャンネル分析】

●今どのように視聴されているかを把握する。
●どんなテーマの動画がニーズを獲得しているかを把握する。
●視聴しているユーザーの属性を確認する。

【今どのように視聴されているのか】
チャンネル設計やテーマを決めるためには、今どのように自分の動画が視聴されているかを知る必要があります。自分のチャンネル全体に一定のテーマがなくても、各動画にはそれぞれテーマがあり、訴求している内容があるはずです。そのため、チャンネル全体の視聴データを分析することで、どんなテーマや内容のニーズが高いかを判断することができます。「どんなテーマの動画の視聴者維持率が高いのか」「表示回数の多い動画はどれか」「ユーザーはどんなキーワードで検索しているのか」など、チャンネル全体の分析をすることは、今後どのようなテーマで動画を公開するかを決めるにあたり重要な指標となります。
チャンネル全体の分析の中で、とくに重要なものがトラフィックです。YouTubeではトップページに表示されたり、他のチャンネルが公開している動画に関連動画として表示されたりすることで、初めてユーザーへのリーチの幅を広げることができます。YouTube検索では、ユーザーがどのようなキーワードで検索をしているのかを調べることで、動画がどのようなキーワードで視聴されているのかを把握することができます。ユーザーに表示されている関連動画のうち、自分の動画がどの程度の割合か、または、Web埋め込みによる外部トラフィックからの視聴がどの程度かを把握することで、チャンネルで公開している動画がどのような動きをしているかを確認できます。

【誰に視聴されているかを調べる】
チャンネルを設計したり、ターゲットユーザーを明確化させるにために、現在どのようなユーザーから視聴されているのかを把握することも重要です。ユーザー層の分析は、性別による視聴傾向の違いや、年齢層による視聴傾向の偏りを見るだけではありません。展開している商品が国外向けであれば、視聴された言語や国を把握する必要があります。パソコンから視聴されているのか、スマートフォンから視聴されているのかを把握することで、どの端末に最適化した動画を制作すべきかを判断することができます。
ユーザー層やユーザーが視聴している国や言語を調べるにあたって重要なのが、インプレッションに対するクリック率や平均再生率などの値です。とくに平均再生率が高いユーザー層や国については、チャンネル設計時に興味関心が高いユーザーに向けた動画制作を検討する必要が出てきます。インプレッションに対するクリック率が低いユーザー層には、関連動画の傾向や検索キーワードを調査することで、その原因がどこにあるのかを調べる必要があります。

>twitterやインスタで宣伝してもらう方法

twitterやインスタで宣伝してもらう方法

動画の再生回数やチャンネル登録を増やす必須!

CTR IMG